メニュー
ソーラーLED外灯 月あかり
SDGs
SDGs
おもてなし規格認証
省エネセミナー
産廃情報ネット
優良さんぱいナビ
野村興産株式会社
しずテク
お問い合わせ
FACILITIES INTRODUCTION | 施設紹介 施設処理能力 産業廃棄物

事業の用に供するすべての施設

  • 種類 油水分離施設
    設置場所 豊田第一工場
    静岡市駿河区豊田2丁目1359番1
    設置年月日 平成14年11月19日
    処理能力 汚泥
    廃油
    9.50㎥/日(8時間)
    9.50㎥/日(8時間)
    許可年月日 -
    許可番号 -
    処理方式 バッチ式重力油水
    構造及び設備の概要 ・ゴミ除去を施し受入ピットへ受入 → 受入ピットから油水分離槽へ投入
    ・処理により発生した汚泥は、二次排出(肥料化、原料化、燃料化、埋立等)
    ・処理により発生した排水は、中和処理後下水道排出
    ・処理により分離した油は、二次排出(肥料化、原料化、燃料化等)
    ・施設床はコンクリート張り、流出防止堤等により、外部流出や地下浸透を防止する構造
  • 種類 中和施設
    設置場所 豊田第一工場
    静岡市駿河区豊田2丁目1359番1
    設置年月日 平成14年11月19日
    処理能力 廃酸
    廃アルカリ
    30.00㎥/日(24時間)
    30.00㎥/日(24時間)
    許可年月日 -
    許可番号 -
    処理方式 中和撹拌(排水中和装置)
    構造及び設備の概要 ・受入した廃酸/廃アルカリを連続式で中和する
    ・混合した酸性側原水を苛性ソーダ(25%)により中和
    ・設定値(pH6.5~7.5)に処理した後、集水槽へ落差放流
    ・安全対策 → 計量槽設置、空運転・片液運転防止、オーバーフロー処理配管等
    ・処理により発生した汚泥は、二次排出(肥料化、原料化、燃料化、埋立等)
    ・処理により発生した排水は、中和処理後下水道排出
    ・施設床はコンクリート張り、流出防止堤等により、外部流出や地下浸透を防止する構造
  • 種類 中和施設
    設置場所 本社工場
    静岡市駿河区豊田2丁目939番1
    設置年月日 平成22年7月16日
    処理能力 廃酸
    廃アルカリ
    30.00㎥/日(8時間)
    30.00㎥/日(8時間)
    許可年月日 -
    許可番号 -
    処理方式 バッチ式中和処理
    構造及び設備の概要 ・受入した廃酸/廃アルカリをバッチ式処理槽にて中和を行う(薬剤投入)
    ・処理槽の攪拌機にて十分撹拌し槽内の平均が取れた時点でpH計にて中和作業を確認する
    ・処理により発生した排水は、中和処理後下水道排出
    ・施設床はコンクリート張り、流出防止堤等により、外部流出や地下浸透を防止する構造
  • 種類 破砕施設
    設置場所 豊田第一工場
    静岡市駿河区豊田2丁目1359番1
    設置年月日 平成14年11月19日
    処理能力 廃プラスチック類
    紙くず
    木くず
    金属くず
    ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず
    3.54t/日(8時間)
    3.40t/日(8時間)
    4.46t/日(8時間)
    4.53t/日(8時間)
    3.19t/日(8時間)
    許可年月日 -
    許可番号 -
    処理方式 破砕機
    構造及び設備の概要 ・60cm四方以上の物は作業員が切断等の前処理を施す
    ・60cm四方以下の破砕物を作業重機等で破砕機に投入
    ・破砕後は破砕後廃棄物置場に、品目/処分先別に分別保管
    ・処理により発生した破砕物は、二次排出(原料化、燃料化、再生、焼却等)
    ・破砕機を屋内に設置して防音対策、強固な基礎上に設置して防振対策
  • 種類 破砕施設
    設置場所 本社工場
    静岡市駿河区豊田2丁目939番1
    設置年月日 平成22年7月16日
    処理能力 廃プラスチック類(廃蛍光灯に限る)
    金属くず(廃蛍光灯に限る)
    ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず(廃蛍光灯に限る)
    0.12t/日(8時間)
    0.34t/日(8時間)
    4.92t/日(8時間)
    許可年月日 -
    許可番号 -
    処理方式 破砕機
    構造及び設備の概要 ・受入した廃棄物(廃蛍光灯)を破砕機へ投入し破砕する → 破砕物はドラム缶へ保管しリサイクル先へ出荷
    ・密閉構造により破砕粉を除去
    ・安全対策 → 密閉構造、集塵機、水銀ガス除去装置
    ・処理により発生した破砕物は、二次排出(リサイクル等)
    ・破砕機を屋内に設置して防音対策、強固な基礎上に設置して防振対策
  • 種類 凝集施設
    設置場所 豊田第一工場
    静岡市駿河区豊田2丁目1359番1
    設置年月日 平成14年11月19日
    処理能力 汚泥 30.00㎥/日(20時間)
    許可年月日 -
    許可番号 -
    処理方式 沈降分離
    構造及び設備の概要 ・有機系/無機系各々一次受槽RCへ受入 → 計量マスを経由し沈殿濃縮槽へ投入
    ・処理により発生した汚泥は、二次排出(肥料化、原料化、燃料化、埋立等)
    ・処理により発生した排水は、下水道排出
    ・施設床はコンクリート張り、流出防止堤等により、外部流出や地下浸透を防止する構造
  • 種類 凝集沈殿施設
    設置場所 本社工場
    静岡市駿河区豊田2丁目939番1
    設置年月日 平成22年7月16日
    処理能力 廃酸
    廃アルカリ
    30.00㎥/日(8時間)
    30.00㎥/日(8時間)
    許可年月日 -
    許可番号 -
    処理方式 バッチ式処理槽
    構造及び設備の概要 ・受入した廃酸/廃アルカリをバッチ式処理槽にて凝集沈殿作業を行う
    ・処理槽の攪拌機にて十分撹拌し静置し沈殿させる
    ・処理により発生した汚泥は、二次排出(肥料化、原料化、燃料化、埋立等)
    ・処理により発生した排水は、中和処理後下水道排出
    ・施設床はコンクリート張り、流出防止堤等により、外部流出や地下浸透を防止する構造
  • 種類 溶解施設
    設置場所 豊田第一工場
    静岡市駿河区豊田2丁目1359番1
    設置年月日 平成16年9月3日
    処理能力 汚泥 5.00㎥/日(8時間)
    許可年月日 -
    許可番号 -
    処理方式 溶解攪拌機
    構造及び設備の概要 ・受入、検品後溶解槽へ投入し、水で溶解処理を行う
    ・溶解発熱が発生するため水の投入及び撹拌を5回に別け行う
    ・処理により発生した汚泥は、二次排出(肥料化、原料化、燃料化、埋立等)
    ・処理により発生した排水は、中和処理後下水道排出
    ・施設床はコンクリート張り、流出防止堤等により、外部流出や地下浸透を防止する構造
  • 種類 脱水施設
    設置場所 豊田第一工場
    静岡市駿河区豊田2丁目1359番1
    設置年月日 平成16年9月3日
    処理能力 汚泥 4.80㎥/日(8時間)
    許可年月日 -
    許可番号 -
    処理方式 ベルトプレス脱水
    構造及び設備の概要 ・脱水機へ汚泥を投入し、脱水する
    ・処理により発生した汚泥は、二次排出(肥料化、原料化、燃料化)
    ・処理により発生した濾液は、中和処理後下水道排出
    ・施設床はコンクリート張り、流出防止堤等により、外部流出や地下浸透を防止する構造
  • 種類 混合施設
    設置場所 本社工場
    静岡市駿河区豊田2丁目939番1
    設置年月日 平成22年7月16日
    処理能力 燃え殻
    汚泥
    廃油
    廃酸
    廃アルカリ
    廃プラスチック類
    木くず
    動植物性残渣
    鉱さい
    ばいじん
    200.00㎥/日(8時間)
    200.00㎥/日(8時間)
    200.00㎥/日(8時間)
    200.00㎥/日(8時間)
    200.00㎥/日(8時間)
    200.00㎥/日(8時間)
    200.00㎥/日(8時間)
    200.00㎥/日(8時間)
    200.00㎥/日(8時間)
    200.00㎥/日(8時間)
    許可年月日 -
    許可番号 -
    処理方式 混合槽
    構造及び設備の概要 ・品目ごとに各ピット受入
    ・各ピットよりユンボ/ポンプを使用し、混合槽に投入 → 成分調整をし混合
    ・処理により発生した混合物は、二次排出(肥料化、原料化、燃料化、再生等)
    ・施設床はコンクリート張り、流出防止堤等により、外部流出や地下浸透を防止する構造
  • 種類 混合エマルジョン燃料化施設
    設置場所 豊田第二工場
    静岡市駿河区豊田2丁目936番1
    設置年月日 平成17年11月21日
    処理能力 汚泥
    廃油
    廃酸
    廃アルカリ
    120.00㎥/日(24時間)
    120.00㎥/日(24時間)
    120.00㎥/日(24時間)
    120.00㎥/日(24時間)
    許可年月日 -
    許可番号 -
    処理方式 混合エマルジョン化(燃料製造)
    構造及び設備の概要 ・低カロリー物(廃酸/廃アルカリ/汚泥)中に高カロリー物(廃油)を攪拌槽にて混合し、特殊燃料を製造
    ・特殊燃料はローリー積込用ローディングアームより積込みリサイクル先へ出荷
    ・処理により発生した残渣物は、二次排出(原料化、燃料化、再生、埋立等)
    ・施設床はコンクリート張り、流出防止堤等により、外部流出や地下浸透を防止する構造
    ・施設構造物はコンクリート製防火壁を設置、装置/設備は防爆型ステンレス仕様、作業重機は耐圧防爆型を使用
  • 種類 圧縮施設
    設置場所 本社工場
    静岡市駿河区豊田2丁目939番1
    設置年月日 平成22年7月16日
    処理能力 廃プラスチック類
    金属くず
    3.90t/日(8時間)
    3.90t/日(8時間)
    許可年月日 -
    許可番号 -
    処理方式 油圧式圧縮機
    構造及び設備の概要 ・受入した廃棄物を圧縮機に投入し圧縮処理をする
    ・圧縮処理後のベーラーは作業所に保管し、リサイクル先に出荷
    ・処理により発生した圧縮物は、二次排出(原料化、燃料化、焼却、再生等)
    ・破砕機を屋内に設置して防音対策、強固な基礎上に設置して防振対策
  • 種類 分級施設
    設置場所 本社工場
    静岡市駿河区豊田2丁目939番1
    設置年月日 平成22年7月16日
    処理能力 汚泥(廃乾電池に限る)
    金属くず(廃乾電池に限る)
    4.70t/日(8時間)
    4.70t/日(8時間)
    許可年月日 -
    許可番号 -
    処理方式 分級機
    構造及び設備の概要 ・受入した廃棄物(廃乾電池)を分級機に投入し大きさ別に分級処理をする
    ・分別された廃棄物は階級ごとドラム缶に保管し、リサイクル先に出荷
    ・処理により発生した分級廃棄物は、二次排出(リサイクル等)
    ・分級機を屋内に設置して防音対策、強固な基礎上に設置して防振対策
特別管理産業廃棄物

事業の用に供するすべての施設

  • 種類 中和施設
    設置場所 豊田第一工場
    静岡市駿河区豊田2丁目1359番1
    設置年月日 平成14年11月19日
    処理能力 腐食性廃酸
    腐食性廃アルカリ
    30.00㎥/日(8時間)
    30.00㎥/日(8時間)
    許可年月日 -
    許可番号 -
    処理方式 中和撹拌(排水中和装置)
    構造及び設備の概要 ・受入した腐食性廃酸/腐食性廃アルカリを連続式で中和する
    ・混合した酸性側原水を苛性ソーダ(25%)により中和
    ・設定値(pH6.5~7.5)に処理した後、集水槽へ落差放流
    ・安全対策 → 計量槽設置、空運転・片液運転防止、オーバーフロー処理配管等
    ・処理により発生した汚泥は、二次排出(肥料化、原料化、燃料化、埋立等)
    ・処理により発生した排水は、中和処理後下水道排出
    ・施設床はコンクリート張り、流出防止堤等により、外部流出や地下浸透を防止する構造
  • 種類 中和施設
    設置場所 本社工場
    静岡市駿河区豊田2丁目939番1
    設置年月日 平成22年7月16日
    処理能力 腐食性廃酸
    腐食性廃アルカリ
    特定有害廃酸(1,4-ジオキサンを含むものに限る)
    特別有害廃アルカリ(1,4-ジオキサンを含むものに限る)
    30.00㎥/日(8時間)
    30.00㎥/日(8時間)
    30.00㎥/日(8時間)
    30.00㎥/日(8時間)
    許可年月日 -
    許可番号 -
    処理方式 バッチ式中和処理
    構造及び設備の概要 ・受入した腐食性廃酸/腐食性廃アルカリをバッチ式処理槽にて中和を行う
    ・処理槽の攪拌機にて十分撹拌し槽内の平均が取れた時点でpH計にて中和作業を確認する
    ・処理により発生した排水は、中和処理後下水道排出
    ・施設床はコンクリート張り、流出防止堤等により、外部流出や地下浸透を防止する構造
  • 種類 混合エマルジョン燃料化施設
    設置場所 豊田第二工場
    静岡市駿河区豊田2丁目936番1
    設置年月日 平成17年11月21日
    処理能力 引火性廃油
    特定有害廃油(トリクロロエチレン、
    テトラクロロエチレン、ジクロロメタン、四塩化炭素、
    ベンゼンを含むものに限る)
    特定有害汚泥(1,4-ジオキサンを含むものに限る)
    特定有害廃酸(1,4-ジオキサンを含むものに限る)
    特別有害廃アルカリ(1,4-ジオキサンを含むものに限る)  
    120.00㎥/日(8時間)
    120.00㎥/日(8時間)


    120.00㎥/日(8時間)
    120.00㎥/日(8時間)
    120.00㎥/日(8時間)
    許可年月日 -
    許可番号 -
    処理方式 混合エマルジョン化(燃料製造)
    構造及び設備の概要 ・低カロリー物(廃酸/廃アルカリ/汚泥)中に高カロリー物(特定有害廃油/引火性廃油)を攪拌槽にて混合し、特殊燃料を製造
    ・特殊燃料はローリー積込用ローディングアームより積込みリサイクル先へ出荷
    ・処理により発生した残渣物は、二次排出(原料化、燃料化、再生、埋立等)
    ・施設床はコンクリート張り、流出防止堤等により、外部流出や地下浸透を防止する構造
    ・施設構造物はコンクリート製防火壁を設置、装置/設備は防爆型ステンレス仕様、作業重機は耐圧防爆型を使用
  • 種類 凝集沈殿施設
    設置場所 本社工場
    静岡市駿河区豊田2丁目939番1
    設置年月日 平成22年7月16日
    処理能力 腐食性廃酸
    腐食性廃アルカリ
    特定有害汚泥(カドミウム又はその化合物、鉛又はその化合物、六価クロム化合物、砒素又はその化合物)
    特定有害廃酸(カドミウム又はその化合物、鉛又はその化合物、六価クロム化合物、砒素又はその化合物)
    特定有害廃アルカリ(カドミウム又はその化合物、鉛又はその化合物、六価クロム化合物、砒素又はその化合物)
    30.00㎥/日( 8時間)
    30.00㎥/日( 8時間)
    30.00㎥/日( 8時間)

    30.00㎥/日( 8時間)

    30.00㎥/日( 8時間)
    許可年月日 -
    許可番号 -
    処理方式 バッチ式処理槽
    構造及び設備の概要 ・受入した腐食性廃酸/腐食性廃アルカリ/有害汚泥/有害廃酸/有害廃アルカリをバッチ式処理槽にて凝集沈殿作業を行う(薬剤投入)
    ・処理槽の攪拌機にて十分撹拌し静置し沈殿させる
    ・処理により発生した汚泥は、二次排出(肥料化、原料化、燃料化、埋立等)
    ・処理により発生した排水は、中和処理後下水道排出
    ・施設床はコンクリート張り、流出防止堤等により、外部流出や地下浸透を防止する構造

ページトップへ