メニュー
ソーラーLED外灯 月あかり
SDGs
SDGs
おもてなし規格認証
省エネセミナー
産廃情報ネット
優良さんぱいナビ
野村興産株式会社
しずテク
お問い合わせ
CORPORATE INFORMATION | 会社情報
SDg1.png

  企業は地域社会の一員であり、地域の雇用や産業を支える大切な存在です。
  今後、企業の持続的な発展をしていくには、そこで働く従業員、取引先などの関係者、自治体に対し、
  【適正な労務処理】【コンプライアンス】【地域貢献活動の充実】などが必要となります。

  そこで静岡市は「CSR(企業の社会的責任)」活動に取り組む企業を認定・表彰する取組を行ってお
  り、この度、静和ケミカルサービスが「CSRパートナー企業」として認定され、表彰されました!

SDg2.png

  静岡市CSRパートナー企業として表彰された理由の1つに、当社の事業であるエコテクノ事業、廃
  棄物処理事業、清掃メンテナンス事業がSDGsの目的である持続可能な社会の実現に一致している背
  景があります。当社はSDGsの持続可能な世界の実現に賛同し、今後も事業活動のみならず、CSR
  活動も強化し続けます。

SDg3.png

  2015年9月、国連本部において「国連持続可能な開発サミット」が開催されました。
  その成果文書として「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が加盟
  193ヶ国の全会一致で採択され、「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:
  SDGs)」が掲げられました。
  SDGsは17の目標と169のターゲットから成り、2030年までにこれらの目標を達成するために、
  企業の参画・貢献も期待されています。

SDg4.png SDg5.png

  2016年5月に内閣総理大臣を本部長とする「持続可能な開発目標(SDGs)推進本部」を設置しました。
  2016年12月には「持続可能で強靱、そして誰一人取り残さない、経済・社会・環境の統合的向上が実
  現された未来への先駆者を目指す」ことをビジョンとした「持続可能な開発目標実施指針」の中で日本
  は8つの優先課題を定めました。

SDg6.JPG SD7a.png

  静和ケミカルサービスでは、日本の優先課題のうち下記に特化   
  した取組みを行っています。また、外務省ホームページにて   
  取組事例のご紹介を頂きました。

jpn.png

SDg7.png

  弊社に努める社員およびそのご家族にとって、健康で末永く企業に勤められる環境を整えること
  が求められます。そしてダイバーシティの推進においても、女性が活躍できる男女平等な労働環
  境でなければなりません。

  【主な取り組み】
    ●有給休暇の取得推進
    ●育児・介護休暇の策定
    ●ハラスメント規程の策定および教育
    ●定期健康診断の実施およびインフルエンザワクチン投与費用の支援
    ●障害者雇用
    ●体調の悪い人が休める休養室の設置(男性・女性別)
    ●資格取得支援制度
    ●表彰制度(永年勤続・業務表彰)
    ●新入社員および既存社員への社内・社外研修の実施
                              等

SD8.png

  東日本大震災のボランティア活動をきっかけに、災害時の外灯(あかり)の重要性を認識し、研
  究開発・事業化に着手。災害時の安心や安全確保と自然エネルギーを活用し地球温暖化の防止に
  寄与するために災害時対応型太陽光LED照明外灯を製造販売しております。災害時には携帯電話や
  パソコン等への充電が行えます

SDg9.png SDg9-1.png

  地球温暖化や廃棄物問題、身近な自然の減少など、多くの環境問題を解決していかなくてはなり
  ません。持続可能な社会を作っていくためには、私達一人ひとりが積極的に環境保護活動に取組
  むことが必要です。
  弊社は、あらゆる省エネシステム、ITを駆使してコスト削減をしながら、環境コストの無駄を現
  場が気づく仕組み・体制作りとコスト意識を持った人材育成のノウハウを提供しています。

SD10.JPG SD11.png

  使用車両から排出される排気ガスは、環境保護をするために抑制しなければなりません。
  また物損においては、物損部修繕による新たに生成される資源を抑制する目的があります。
  弊社では年間目標を掲げ、その目標を達成するための社員への呼びかけや関連する教育・研修を
  行っています。

  【主な取り組み】
   ●燃費の悪い社員への呼びかけ
   ●アイドリングストップの呼びかけ
   ●目標燃費に対する意識向上
   ●新人への低燃費講習
   ●エコ運転技術講習会への参加
   ●場内ルールの周知徹底・教育
   ●報連相の徹底
            等

SD12.JPG SD13.JPG

  工場や事業場などから排出された産業廃棄物を適正な処理をせずに棄てることは、地球にとって
  甚大な環境汚染になります。
  そのため産業廃棄物は「安全化・安定化・減量化」を行い、処理しなければなりません。
  お客様の事業活動で使用する設備も、定期的なメンテナンス・清掃を行わなければ、土壌汚染や
  水質汚染の発生を招く可能性があります。また設備の劣化・異常を引き起こし、本来の耐用年数
  よりも短い期間での設備更新を要し、新たに資源を使うことになります。
  弊社は地球規模の環境保護が全人類共通の最重要課題であると認識し、事業活動である省エネ事
  業・産業廃棄物収集運搬・中間処分・清掃作業により、最先方の汚染の予防や環境保護をするこ
  とが使命と考え、事業活動を継続的に改善し、持続可能な環境保護に努めています。

SD14.JPG SD15.JPG

  弊社は「感謝して、感謝されよう」を経営理念として掲げており、その経営理念は事業活動だけ
  でなく、社会奉仕活動にも共通するものだと認識しております。
  そこで弊社では環境保護に限定せず、様々な社会福祉活動に積極的に参加しております。

  【主な取り組み】
   ●地域周辺美化活動
   ●富士山ごみ減量大作戦
   ●富士山外来植物撲滅大作戦
   ●亀バックホームスクラム大作戦
   ●不法投棄撲滅街頭キャンペーン
   ●不法投棄監視パトロール
   ●不法投棄物回収
   ●知的障害者向け「工場見学会」「社会人マナー研修会」
   ●衣料回収プロジェクト
   ●環境月間への協賛
   ●被災地への義援金活動
                等

SD17.JPG

ページトップへ